ミニマルなバランスを極めた腕時計の原点

パテック フィリップ「カラトラバ」Ref.5196 282万7000円

1980年代にRef.96の復刻版としてラインナップされた、Ref.3796の後継機。2004年に発表された当時は、一気に37mmまで拡大されたケースが話題となったが、現代の目で見れば小振りな範疇に入るだろう。標準的なスナップバック仕様を継承するなど、派手さはないものの、その分タイムレスな魅力に溢れた傑作時計だ。手巻き(Cal.215 PS)。18Kホワイトゴールドケース。直径37mm(厚さ7.68mm)。3気圧防水